遺品整理をして思い出を保管|故人との思い出を大切に

お花

家族でお見送り

数珠と香典

人はこの世に生まれるといつか必ずその人生の幕を閉じる時がやって来ます。そのタイミングは自身で決める事は出来ず急にもたらされるものです。天寿を全うして亡くなる人もいれば、事故や事件に巻き込まれ突然その人生を奪われてしまう人もいます。また、不治の病にかかり、静かに忍び寄る死をただ待ち続けている人もいるでしょう。日本では、人が亡くなるとその故人を偲んでお葬式を行ないます。お葬式は、家族や親族、仲の良かった友人達にとって故人の死を改めて受け入れるための儀式とも言えるでしょう。こういったお葬式を、故人の遺言に従って執り行う事もあります。例えば、盛大に様々な人を招く大きな葬式を希望する人もいますし、家族や身内だけで小さなお葬式を望むさいたま市の人もいます。最近では家族の負担などを考えて、家族葬を行なうさいたま市の人も増えてきています。

さいたま市でも、年間多くの人が人生の幕を閉じます。さいたま市には、様々な葬儀社がありますが、多くの葬儀社で家族葬の需要が増えてきているようです。家族葬は、通常のお葬式に比べて費用があまり高くありません。家族や身内だけでしめやかにひっそりと行なう事でその時間を大事にし、故人との思い出を一つ一つ思い出す事ができるのです。こういった家族葬は、葬儀社によっても様々なプランがあります。また、故人が生前に調べていてこういった家族葬を望むというパターンもあります。さいたま市では、様々な祭儀場がありますが、こういった家族葬を行なう特別な個室を準備している会場もあります。